パピヨンな毎日

ANGELITE MAGICAL PAPILLON
TOPパピヨン ≫ ありがとう

ありがとう

叔父が亡くなり早1ヶ月になります。
お葬式の後、
大婆が帰宅してドアを開けた隙に
我が家の猫ちゃんが1匹
出て行ってしまい、
そのまま帰ってきません。

「とっちゃんが一緒に連れて行ったんだね。」

って、家族では話していました。

昨日、突如の連絡・・・
実母が入院中に一緒に入院生活を送っていて
その後も親しくお付き合いをしていた方が
亡くなったと・・・

実は、今回もって言うのはいけないかもしれませんが、
以前から
我が家のワンコさんが子犬を産んだらほしいと言っていましたが、
先住犬が居るので
その子がいる間は無理だぁ~って言っていたのです。
でも、おばちゃんの願いが叶ったのかな?
ルキアちゃんが14日間の短い命を閉じました。

「おばちゃんがルキアちゃんを連れて行っちゃった。」

できていないと思っていた命で
仮死状態で生を受けたルキアちゃん。
私にとっての勉強をさせてくれたんだと思います。
初めての帝王切開で母乳が出なくなった母犬。
哺乳よりも母乳を優先させたい私に
哺乳での乳母を経験させてくれました。

狼爪切除の頃はまだ母乳も出ていましたが、
その後、母犬の体調不良で母乳が出なくなり
獣医さんとも連絡を取りながら頑張ってきました。
一旦は元気を取り戻したのですが、
今朝になって「落ち着いたの?」って思えるような
表情で寝ている姿に
違った不安もよぎりながら見守っていましたが、
お昼過ぎの15時30分に娘の手の中で大きく息をして
・・・
娘が下に寝かせた時に「息してる?」って表情のお顔。
耳にルキアの口を当てても・・・
耳を心臓に当てても・・・
綺麗なお顔でルキアちゃんは眠りに付いていました。

色々と思うことは多くありますが、
今は綺麗な寝顔のルキアちゃんの横で
母犬が寄り添って離れない姿に
自分の力のなさに悲しみが増すばかりです。

私のもっとうである、
「天命には逆らわない」
出来る限りの事はしてあげます。
「生がある子なら生きる」
冷たく残酷なことに思えるかもしれませんが、
エリィーみたいに
余命1ヶ月・・・
1歳までは生きれないといわれた子が
この5月で3歳になります。
得に何もしてあげていませんが、
元気に今も過ごしています。

ルキアちゃん。
虹の橋で少し遊んだら
また戻ってきてね。


関連記事
スポンサーサイト
パピヨン | Comments(-) | Trackbacks(-)
プロフィール

ゆゆ子

Author:ゆゆ子
※動物取扱業【動尾第476号】※
パピヨン中心のブログ日記








HPのQRコードになります。





犬用品お買い物


PopアップサムネイルLinks
BlogPeople

このサイトを登録 by BlogPeople

ブロとも申請フォーム
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ