パピヨンな毎日

ANGELITE MAGICAL PAPILLON
TOPパピヨン ≫ ミカエル

ミカエル

我が家のファーストパピヨンのミカエルが
享年11歳で虹の橋に旅立ちました。

20150120

当時、ボルゾイを飼っていました。
ボルゾイは旦那さんが希望しての犬種でした。
旦那さんが2頭目に飼うなら何がいいかと聞いてきた時、
ただ単に、意味なく、
「パピヨン!」
どうしてだったのでしょうね。。。
パピヨンの知識も何もなかったです。
たぶん、当時のボルゾイ関係のお友達の中で
パピヨンと飼われている方がいらして惹かれたんだと思いますが、、、
今でも「どうしてパピヨンのブリーダーになったのですか?」と
お客様に尋ねられると・・・困りますね
「好きだから」としか答えられませんね

たまたま、
旦那さんの友人の自宅がショップをされています。
そこで生まれて残っていた子がミカエルでした。
正直お写真をみた第一印象は・・・・『タヌキ

大型犬との生活だったので、
しつけマナーは大型犬を真似して覚えてくれたので、
教えることなく完璧にできる子でした。
それが基礎となって今の家の子がいるとも言えますね。
病気も怪我もすることなく、
手のかからないミカエルでした。
唯一・・・妊娠期間はほとほと困らせてくれた子でしたが、
それも私にとっては良い経験の宝庫だったと感謝しています。

私もパピヨンはミカエルを迎えた時は
ゼロ『0』からじゃなくマイナス『-』からスタートでした。
やっと、マイナスから±になれたかなって思った時期に、、、
迎えたハニエルで新たにもっと奥深くを知ることになり・・・
今もまだまだ知らないことが多くあると日々勉強中の身です

犬の寿命も長くなりました。
11歳・・・まだ若いと言えるかもしれませんね。
でも、
亡くなるまでの時間の姿を見ていて、、、
ミカエルの寿命なんだなって思えました。
もしかしたら・・・
留守にしていたらそのまま眠って逝ってしまったかもしれません。
私がいつもとは違うと気がついた姿は起きてこなかった・・・
起きてワンワン「ごはん、ごはん」催促する子が起きてこない。
数年前から認知気味で満腹感が劣っていました
ミカエルは実母と大婆ちゃんのお部屋で生活をしていました。
大婆ちゃんも認知症で満腹感がマヒしているので
「似た者同士がぁー」って実母と苦笑いしていました

ミカエルを抱きかかえて声をかけたらやっと目を覚ましたって感じでした。
でも、目は朦朧としたままでした。
ハニエルに会わせてあげなくちゃ真っ先に思いました。
他の子にも会わせてあげていたら急に体だけは興奮状態に、
でも、動こうとするけど目は朦朧としたまま・・・
「落ち着いて。焦らなくてもいいよ。」
声をかけて落ち着かせて綺麗な寝床に寝かせたら、
横には向きたくないと・・・反抗です
仰向けになって手足を動かして動かしています。
疲れちゃうよ。。。
ところが、
疲れるどころかだんだんとお顔が丸くなって可愛くなっていく気がします。
朦朧とした目ですが頬が上がって笑っているお顔みたいです。
手足の動きが止まる度に横に向けるのですが、
再度反抗をして上を向いてまた動かし始めます。
呼吸は荒くもなく変わりなく落ち着いていました。
休憩中っていうのでしょうか、、、途中寝息も聞こえました。
かなりの時間ひたすら動いては休んでの繰り返しをしていましたが、
最後は自分から横になって静かに眠りについて逝きました。

この話をファミリーさんにさせていただいた時に、
「眠りながら手足を動かしている時は、
最後に挨拶したい(会いたい)ところにいっているんだって」
って教えていただきました。
そっか!
だからお顔が笑顔なんだ!
たくさん行くところがあるから一生懸命走っているんだ!
お子達に会いに行ったんだー
って、思いました。

穏やかな最期だったと・・・
私も「お疲れ様。ゆっくり休んでね。」って言葉が自然と出てしまいました。


昨年夏に、娘のお友達が飼っていた
ミカエルと仲が良かったピコちゃんが亡くなったと・・・
(同じ年のヨーキー)
ミカエルの子だからってことで、
ミカエルの最後の子であるサラちゃんを
ピコちゃんが妹であり娘としてお迎えしてくれています。
↑サラちゃんは今も元気娘です

写真中央がピコちゃんとミカエルです。
虹の橋ではミカエルを待っていてくれる子がたくさんいるよねー。
みんなに会えたかな?
虹の橋のお友達に「久しぶり」の挨拶が終わったら
これからも家から巣立ったお子達を見守っていてね。
↓懐かしいミカエルいっぱい
20150120

探している途中、
懐かしい写真ばかりで、、、、、
脱線しまくりで時間がかかってしまった・・・
↓我が家に飾ることにしたミカエルの遺影写真です。
20150120

ミカエルの出産は思い出が深く多くあります。
小さく生まれて、
生まれてからの1ヶ月は寝不足で気が気じゃなかった子・・・
今も元気にしています。
新しいご家族様にとても愛されて暮らしています。
生まれてから1ヶ月からが1日1日いつ思い出となってしまうかわからない
時間を大切に見守って育てていたのがエリィーでした。
「エリィー、もう少しゆっくり・・・」ってよく口にしてたなぁー
エリィーは倍のスピードで色々と思い残すことなく生きていたのかな
もしかして、、、虹の橋でも?
今頃ミカエルママに「落ち着きなさい」って叱られてるかもね

ミカエルの写真を探している途中で発見した写真です。
思わず見直してしまった・・・「エッちゃん?(エルメス)」って
ありえない~~~
だって、ラムママもまだ生まれていないんだからぁ~~~
エルメスはもしかしてエリィーの生まれ変わり?
↓私の待機画面は今もエリィーです
20150120


犬舎HP
ANGELITE MAGICAL
↑多忙につき、HPは小まめな更新ができずにいます。
オーナー様募集専用ブログ
ベビー&パピー
↑出産報告&子犬情報をお知らせします。

関連記事
スポンサーサイト
パピヨン | Comments(-) | Trackbacks(-)
プロフィール

ゆゆ子

Author:ゆゆ子
※動物取扱業【動尾第476号】※
パピヨン中心のブログ日記








HPのQRコードになります。





犬用品お買い物


PopアップサムネイルLinks
BlogPeople

このサイトを登録 by BlogPeople

ブロとも申請フォーム
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ